淡路島を120%堪能できる!うずの丘大鳴門橋記念館のおすすめポイントを紹介

タイトル 観光地

「うずの丘ってどんなところ?実際に行った人のレビューが見たい!」

今回は兵庫県在住の旅行好きブロガーである筆者が、うずの丘 大鳴門橋記念館に行った体験レポートをもとに、うずの丘のおすすめポイントを紹介します。

いちと
いちと

結論:とても楽しめました!おすすめです^^。

今回は彼女といっしょにカップルで遊びに行きましたが、子ども連れの家族や友人たちとの旅行にもおすすめできるスポットとなっています。

うずの丘はこんな人におすすめ
  • ザ・淡路島っぽいスポットに行きたい人
  • 淡路島のご当地ランチを食べたい人
  • UFOキャッチャー好きな人
  • 淡路島土産に困っている人
  • きれいな景色が見たい人
うずの丘のおすすめポイント3つ!
  • 絶景フォトスポット「おっ玉ねぎ」
  • 盛り上がること間違いなしの玉ねぎキャッチャー
  • 全国1位!?あわじ島バーガー

順番に紹介していきますね。

※この記事は、2022年1月上旬に訪れた体験をもとに書いています。

うずの丘 大鳴門橋記念館の基本情報

さっそく、うずの丘のおすすめポイントをご紹介!する前に、うずの丘の基本情報をさくっとお伝えします。

  • 住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3
  • 営業時間:
    平日:10:00~17:00、土日祝:9:00~17:00
  • 絶景レストラン うずの丘:
    平日:11:00~15:30、土日祝:10:00~15:30
  • あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン うずの丘店:
    平日:10:00~16:00、土日祝:9:00~16:00
  • うずしお科学館:
    平日:10:00~16:30、土日祝:9:00~16:30
  • 定休日:火曜日
  • 駐車場:130台(無料)

うずの丘 大鳴門橋記念館は淡路島のほぼ南端に位置する、大型複合施設です。レストラン・お土産ショップ・フォトスポット・科学館などアミューズメント要素がたくさん詰まったスポットで、幅広い年齢の方が楽しめる場所となっています。

いちと
いちと

淡路島旅行で行きたい場所に困ったら、とりあえずうずの丘に行けば間違いないです!

前置きはこのへんにして、本題のうずの丘のおすすめポイントをご紹介していきます!

うずの丘のおすすめポイント!

絶景フォトスポット「おっ玉ねぎ」

やってきました。うずの丘大鳴門橋記念館。ずっと来たかったんですよね〜。

うずの丘

うずの丘に来てまず向かいたいのは、建物の裏側にある絶景です。

鳴門海峡

淡路島の南端、鳴門海峡と大鳴門橋、その奥には四国を望む大パノラマが迎えてくれます。風通しも良くて気持ちの良い場所です^^。

ここに鎮座しているのが巨大な玉ねぎ、通称「おっ玉ねぎ」と呼ばれています。

おっ玉ねぎ

はやり淡路島といえば玉ねぎ、玉ねぎといえば淡路島なので、淡路島らしさが感じられるモニュメントですね。

土曜日の13時頃でしたが、おっ玉ねぎと写真を撮るための行列はできてきませんでした。ちょうど一組が写真を撮っていたので、少し待ってその次に写真を撮りました。

おっ玉ねぎ

見晴らしが良くて気持ちの良い場所なので、天気がいい日にぜひ訪れてほしいです^^。

玉ねぎカツラ

館内では、玉ねぎカツラなるものが貸し出されています。これを被って記念写真を撮るのもいいですね。

僕もしっかり被らせていただきましたが、このカツラ、驚きのフィット感で誰でも似合うんじゃないかなと思います笑。

玉ねぎキャッチャーで盛り上がること間違いなし!

玉ねぎキャッチャー

楽しみにしていた玉ねぎキャッチャー。さきほどの玉ねぎカツラのすぐそばに設置されています。

13時頃に来てみると、なんと長蛇の列で30分待ち!やっぱり人気なんですね。

行列

1時間ほどひまを潰してから来てみると、少し人が減っていたので並びました。

前の挑戦者たちを見ていると思ったより苦戦している様子。成功確率は、3〜5組に1回といったぐあいでした。

玉ねぎキャッチャーは、1プレイ100円、6プレイ500円で遊べます。見ていた感じ、500円で6回挑戦する人がほとんどでした。

15分ほど待っていざ挑戦!結果は…?

玉ねぎキャッチャー

残念、玉ねぎゲットならずでした。

想像していた以上に難しかったですね。またチャレンジしたいです^^。

玉ねぎキャッチャー

16:30で受付は終了してしまうので、遅めの時間を考えている方は気をつけてください。

全国1位のご当地バーガー!あわじ島バーガー

淡路島バーガー

うずの丘の正面に店を構える「淡路島オニオンキッチン」。

こちらには、全国ご当地バーガーグランプリで1位と2位を獲得したハンバーガーがあるんです。

メニュー

彼女は1位のあわじ島オニオンビーフバーガー(660円)、僕は2位のあわじ島オニオングラタンバーガー(660円)を注文しました。ずっと食べたかったのでうれしい^^。

館内

寒かったので館内で食べました。注文した後、館内アナウンスで読んでくれるので暖かい館内で待てるのは助かりました。

あわじ島オニオングラタンバーガー
あわじ島オニオングラタンバーガー(660円)

食べてみると、玉ねぎが甘い!玉ねぎカツのサクサク食感の後に玉ねぎの甘みが感じられます。

食べ応え十分ですっかりお腹いっぱいになりました。次来たときは1位も食べたいですね。

他にも面白そうなエリアがたくさん!

ここからはダイジェスト的にサクサク紹介します。

うずの丘には玉ねぎにちなんだスポットがたくさんあります。

ピアノ

玉ねぎグランドピアノ。ストリートピアノができます。

玉ねぎチェア

バス停には玉ねぎチェアがありました。思わず写真を撮りたくなりますね^^。

玉ねぎ自販機

玉ねぎ自販機も。

館内2階には、淡路島の食材を使ったランチが楽しめる「絶景レストラン うずの丘」がありました。

うずしお科学館

こちらは館内にあるうずしお科学館。鳴門海峡のうずしおについて学べる施設です。(大人500円、小学生100円)

お土産屋さん

お土産屋さんもあります。うずの丘でしか販売していない商品もたくさん取り揃えているので、ぜひ立ち寄ってみてください。

うずの丘大鳴門橋記念館周辺のおすすめホテル・観光地・飲食店

うずの丘周辺のおすすめホテル
  • あわじ浜離宮 別荘 鐸海(車で18分)
  • 湊小宿 海の薫とAWAJISHIMA(車で12分)
  • ホテルニューアワジ プラザ淡路島(車で20分)
うずの丘周辺のおすすめ観光地
  • 道の駅うずしお(車で7分)
  • Juchi いつもの器と雑貨(車で8分)
  • うずしおクルーズ(車で12分)
うずの丘周辺のおすすめ飲食店
  • 寿司一作(車で10分)
  • ひらまつ食堂(車で10分)
  • 山武水産(車で12分)

これらのホテル・観光地・飲食店はうずの丘からアクセスが良く、おすすめです。うずの丘に遊びに来た際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

うずの丘は「淡路島の魅力パック詰め」みたいな場所!

うずの丘のおすすめポイント3つ!
  • 絶景フォトスポット「おっ玉ねぎ」
  • 盛り上がること間違いなしの玉ねぎキャッチャー
  • 全国1位!?あわじ島バーガー

実際にうずの丘 大鳴門記念館に遊びに行ってみましたが、予想通り楽しいスポットでした。

グルメにフォトスポット、アミューズメント、お土産まで、うずの丘に来たら、旅行の醍醐味が全部味わえるので、得した気分ですね^^。

「淡路島に旅行に来たけど、とりあえずどこに行けばいい?」と聞かれたら、おすすめしたい場所ですね。

機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください!

それでは、良い旅を!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました